スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
XAMPPでPHP実行環境をサクっと構築

xampp.png


XAMPP!読み方は「ザンプ」




環境構築って結構手間ですよね。
VBAなどであれば、エクセルがあればすぐにできますが、Javaとかめんどくさい。
JDK入れたり、eclipse入れたり・・・環境変数とか?

XAMPPという無償のツールを用いて、簡単にPHP実行の環境構築をしましょう。
知らないとできないところがあるので、覚え書き。

手順
①XAMPPをインストール
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
②ApacheをStart
無題
③あとはソースコードの準備!
\xampp\htdocsの下にコードを置く!
④ブラウザでパスを指定する!

終わり!

例)
\xampp\htdocs\test\test.php
http://localhost/test/test.php

無題

超簡単!
JSPとかもこれでええんちゃうのん?
設定が必要らしいですが、機会があればチャレンジしてみます。
スポンサーサイト
cakePHP ログの出力設定(覚え書き)

「PHP Notice: Undefined index」

↑こいつに長いこと悩まされました。

cakePHPを業務で使い始めましたが、Noticeエラーが消えない。
致命的なエラーではないようですが、気持ち悪いので出力されないようにします。

Noticeエラー自体は、配列などで未定義の要素を参照しようとしたときに怒られるエラーのようです。



cakePHPのログの吐き出し方は、とても簡単

$this->log('');

設定箇所は、色々とあるようです。
他人が設定を行っていたので、どこに記述してあるのか探すのに苦労しました。

①php.ini
②.htaccess
③ini.set
④set_error_handler
⑤core.php


core.phpに記述されていることもあるのね・・・
なかなか検索してもhitしなくて、困った。
結局は、エラーの出力設定のコードを部分的に検索かけてしらみ潰し的に発見した。

core.phpで一致箇所を発見したので、google先生の出番。
hitしたので、色々と調べて無事解決って感じです。

その他にも、色々と記述箇所はあるかも。さくっと書いたので、漏れてそうだけど、基本的な記述箇所はこんなもんでは?
最悪、ファイルの中身全体検索かけましょう><


PHPは情報がいっぱいでまわっているので、そこまで悩まなくて済みそうです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。