スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
URLからファイル名を取得する


JavaScriptで、URLからファイル名を取得する方法の紹介。
正規表現を使用しています。

function getFilename(){
var url = window.location.href;

// 拡張子無し
var filename = url.match(".+/(.+?)\.[a-z]+([\?#;].*)?$")[1];
// 拡張子付き
var filename_ex = url.match(".+/(.+?)([\?#;].*)?$")[1];
}
スポンサーサイト
テーブルのソート jquery tablesorterを使った方法



tableSorterってものすごく便利ですね。
これを調べるまでは、クリックされたヘッダが何か判定して、サーバーにSQL再発行してもらう?
とか、いろいろ考えていましたが・・・

なんてこったい。すぐに実装できてしまった。
素晴らしい。js、jqueryっておもしろい!

aaa_20141016225056f50.png


メインのtablesorterは、次のURLからダウンロードしてくるだけ。
http://tablesorter.com/docs/#Download
そしてソースは以下の通り。




<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<meta name="description">
<meta name="robots" content="noindex, nofollow">
<title>tableソート</title>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.1/jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript" src="jquery.tablesorter.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(document).ready(function()
{
$("#myTable").tablesorter();
}
);
</script>

</head>
<body>
<table id="myTable" class="tablesorter" border="1">
<thead>

<br>

<tr>
<th>氏名</th>
<th>年齢</th>
<th>性別</th>
<th>出身地</th>
<th>備考</th>
</tr>
</thead>
<tbody>
<tr>
<td>テスト太郎</td>
<td>10</td>
<td>男</td>
<td>東京都</td>
<td>やんちゃ</td>
</tr>
<tr>
<td>テスト花子</td>
<td>25</td>
<td>女</td>
<td>北海道</td>
<td>OL</td>
</tr>
<tr>
<td>デモ太郎</td>
<td>18</td>
<td>男</td>
<td>神奈川県</td>
<td>特になし</td>
</tr>
<tr>
<td>デモ花子</td>
<td>43</td>
<td>女</td>
<td>福岡県</td>
<td>博多生まれ</td>
</tr>
</tbody>
</table>

</body>
</html>

現在の時刻を取得


超初歩ですが・・・

javascriptで現在時刻、時間、分、秒の取得方法

var now = new Date();
var hour = now.getHours();
var min = now.getMinutes();
var sec = now.getSeconds();
TypeScript やろうとしたけどほんの少しだけ。

JavaScriptと上位互換があるTypeScriptについて、少しだけ、記入。

本当に少しなので。。。

typescript.png

VisualStudio2012は持っていたので、プラグインを以下からダウンロード。

TypeScript for Visual Studio 2012 and 2013


無題



ts2.png


これだけ。特に説明の書きません。そこまでやってないので。
今は、これよりも優先順位の高いものがあるので、そちらをやらせていただきます~

JavaScriptを始めよう。github mixi新人研修

JavaScriptに興味があったのですが、なかなか行動できていませんでした。

そんななか、mixiの新人研修で使用されている資料がgithubにあるという情報を小耳に挟みまして・・・

JavaScriptも、その中にあったのです。

そんなこんなで、JS始めてみた。


・JavaScriptTraining

無題


やはり、JSはブラウザでさらっと書いて、動作確認できるので良いですね。

google Chromeなら、右上のツール→デベロッパーツールから。
(もしくは、Ctrl + shift + I、
 はたまた、F12)
で、エディタ(?)が起動しますので、Consoleにコードを綴りましょう。


今後、ちょこちょことJSを学んでいきますが、mixiがgithubに公開しているコンテンツには、JS以外にも・・・


・AndroidTraining
・iOSTraining

こちらについても、個人的にかなり興味があるので、少しずつでも見ていきたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。