スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IEのバージョンを自動更新させない設定

IE8とか9とか10とか11とか、IEっていろいろバージョンがあると思いますが、
バージョンによって、プログラムが対応してるかとか、見た目・レイアウトが異なるとか、
いろいろ不都合があるんですね。

しかも、勝手にアップデートが行われてバージョンが変わることがありますね。
開発者にとっては困ったものです。

勝手にIEをアップデートしないように制御しましょう。

MicroSoftの公式ページ、Download Centerからさくっとダウンロードしましょう。

Internet Explorer 9 自動配布の無効化ツールキット
Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット
Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット

ダウンロードしたら、EXEを実行します。途中、ダイアログでファイルの展開先を聞かれるので、どこかディレクトリを指定してファイルを展開しましょう。

展開されたファイルの中にcmdファイルがあります。
コマンドプロンプトでcmdファイルを実行しましょう。

終わり。

見返したら、コマンドの実行方法とか、書いてなかったので追記。

cdコマンドで、cmdファイルが置いてあるディレクトリに移動します。
その後、

IE11_Blocker.cmd [コンピュータ名] /B

コンピュータ名は[]で囲まなくて良いです。

詳しくは、解凍時に一緒に出てきたファイルIE11_BlockerHelp.htmに解説が書いてありますね。
英語ですが。
スポンサーサイト
windows updateの自動更新で再起動させない方法 | Home | サクラエディタでGrep検索

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。