スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iphone5に機種変更してから変わったもの

ひさしぶりです。先iphone5に機種変更してきました。

ここで、ひとつ問題がありました。マイソフトバンクで利用期間が2年1ヶ月目ということを確認してからソフトバンクショップに行ったのですが、店頭で、お客様は残り1ヶ月iphone4の2年縛り期間が残っているということでした。

iphone4の機種代の残りを約2000円ほど払う必要が生じました。

さらに、機種変更に伴う手数料で+3000円


2月分は10000円くらいになりそうです・・・


とはいえ、念願のiphone5

充電ケーブルも新しく、裏表の区別なく使用できる優れもの。


さらに、イヤホンも新しくなった、そして、容器がかっこいい。

RbZzi4Uhedsk4x4tel0B4P0LPpYOE7w79fckZ42Na-0.jpeg

分かりにくいですが、表面にリンゴマーク。

MeOZMgt1wimoBbt55VlyD5Vgw8lrLKj03XlsjTnSJes.jpeg

そして、反対を見ると、このようにきれいにニュウイヤホンが収納されている。

新しいiphoneといえば、新しい保護フィルムに新しいケースがつきもの。

吟味を重ねて選択したのがこれ。

2JRAKtWkJQGOnL6qyWoz4iyKg_DAx8sz6jWKqY4bFgc.jpeg


ケースはこれ。

訳あって、フィルムはこれも購入した。



ほんとに、ひと騒動あった。まず、ケースはなかなか良さそうなものがなく、悩んでいたのでとりあえずフィルムということで、ネットでの注文では届くまでの数日不安なので、近くの店で購入した。


これが間違いだった。なんと、背面フィルムが入っていないのだ。あー、失敗したと思った。

ケースは、アマゾンで購入した。シリコン素材は前から嫌いだったので眼中になかったが、いろいろ調べていくうちに、ハイブリット素材のケースというものを発見した。


そう。2つ以上のものを組み合わせてできたもののことだ。

つまり、iphoneケースにおいては、側面バンパーはソフトタイプのもの、背面はハードタイプのものである。(他にも組み合わせはいろいろある)

見つけた瞬間、まさに探していたものはこれだと思った。

背面は透明のハード素材なので、デザイン性を損ねることがない。側面についても黒で本体と統一感があってすばらしい。


訳あって2つめのフィルムを購入した訳だが、実際のところ使用していない。。。


なぜかというと、iphone5の背面のデザインは、今回切り替えしがあるので1枚フィルムでは切り返し部分で浮いてしまうんです。


購入したものは、しっかりと部分的なフィルムとなっていて、3枚+カメラ周りのフィルムで4枚くらいで構成されている。これはありがたい設計なのだが、めんどくさい。


ただただ面倒くさい。


できることなら、iphoneを丸裸で持っていたいという気持ちもあるせいか、そこまでがんじがらめに保護しなくてもいいか。という思いから今回は背面フィルムは保留としている。が、いつかちゃんと使うつもりです。

前面フィルムも一緒に入っているので、今使っている前面フィルムが傷ついたら、前面を交換するついでに背面も貼ろうかなとおもっています。



タイトルの、iphone5にして変わったことは、正直特にない。


iphone4に変えた頃のように、真新しく珍しい要素もないのでピコピコいじることも特になし。


あえていうなら、siriが搭載されたことと、カメラでパノラマ撮影できるようになったことかな。


パノラマ撮影ってすごいな。あのCMでやってるやつとおんなじようにできるんです。



いやー、ほんと変わったと思うのはそのくらいですね。



スポンサーサイト
一流の人に学ぶ自分の磨き方、を読んで得たこと | Home | SEのための勉強法についての本を読んで。

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。